スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ラムちゃんとの20年

私が高校を卒業し間もなく、一人暮らしを始めると、
当時の友人が突然、原付のメットインに2匹の猫を入れて連れて来た。
職場に住み着いてた猫が産んだ子猫を飼わないかと。
私の実家は猫が欠かさない家で、私も産まれた時から家族には猫がいたため、
猫のいる生活が普通だと、ふたつ返事で引き取る事にした。

それがこのブログのタイトルの筆頭となる、ラムちゃんだった。

rum05.jpg
手前がラム、後ろがミルク

ミルクは当時居候していた友人が引き取った。
2匹とも本当に可愛らしい顔をしていて、本当に本当にたまらない程可愛かった。

rum02.jpg

当時私は18歳。遊びも派手になり、ラムの事を構わない事もしばしば。
遊び優先と友人に暫く預けてしまう事もあったりで、若い頃はとても褒められた飼い主じゃなかった。
そんな中、少し神経質だったラムは精神的に弱った事もあったな。

rum03.jpg

だけど、ラムは病気ひとつしない子だった。
避妊手術を受けた時、偶然にも子宮に大きな腫瘍を発見!
一緒に切除するなんてラッキーも見せた。あの時避妊してなかったら、ガンになってたかも。

rum04.jpg

写真はずっとキティの頃ですが、携帯もデジカメもない時代。
成熟期のは残っていても大した写真がなかったので、たまらないキュートなラムちゃんをご覧下さいな!

rum06.jpg
親友と一緒に暮らしてた時、親友の愛猫シドとのステキな写真。シドももう18歳くらいになるね。

私の20代は全く落ち着かない10年だったので、それにつき合わされてラムも大変だったと思う。

30代になり、冒険欲もなくなって、ただただ仕事の生活になって行った。
ラムとの生活は後半10年が深く重いものになって行ったのだと思う。

夜は私の腕枕で必ず眠り、たまに窓から外を覗いたりする位で、
家猫のラムは楽しい人生だったのかな?とよく考える。

ある日私はハードワークの毎日で、とうとう倒れてしまい、緊急入院をする事になった。
倒れた当日、命からがらの状態で、一度家に帰りたいと懇願し、
ラムのご飯を山盛りにして病院に行った。私はいつ帰れるのだろうと・・・
一人暮らしはこういう時に大変で。
でも、親友が駆けつけてくれたり、母もラムの世話もかねて来てくれた。
母はラムに会うのが初めてで「可愛い猫だねぇ~」と褒めてくれた。

rum01.jpg
初めて一緒にカフェに行った写真

ラムが15歳になった頃、私も入院をきっかけにフリーの在宅仕事になり、
どっぷり家で時間を過ごす事が多くなった。
仕事中もラムは膝の上に乗りたがり、年齢のせいか?甘えん坊が増したななんて思い始めた頃だった。
元々犬も大好きな私。里子に犬を迎えられる条件が整い、迎えたいと思う気持ちと、
16歳の老猫に負担にならないかと本当に本当に迷った。
そしてジャイ子がやってきた。
ラムは最初、ジャイ子をまったく受け付けなかった。
嘔吐を繰り返し、家の隅に入り込んで出て来ない。
ジャイ子との生活は無理かと一時は諦め、ジャイ子を元の保護主に返す話になってしまった。
でも、ラムが私の気持ちを察してくれたのか、間もなくラムの方からジャイ子に近づいて来てくれたのだ。
その時は本当に本当に嬉しい瞬間だった。晴れてラムにもミルク以来の姉妹が出来た。

rum07.jpg

そして1年も過ぎたらこの通り。一緒に添い寝も出来るようになったおふたりさん。
実は腎不全だと診断され、療養食を食べながら過ごしてきたラムは、
1人のまったり生活にもかまけてたせいか、
夏は食欲が落ちげっそりしたり、ご飯の食べ方も気まぐれだった。
しかし、ジャイ子が来てからと言うもの、猫が変わった?かのような食欲旺盛さで、
17歳になっても、夜突然1人運動会を始める事もある程元気一杯に張り合いを見せてくれた。

ただこの頃は、私の意識は完全にジャイ子ばかりにいっていた。
ラムちゃん寂しい思いしたかな。本当にごめんね。

rum08.jpg
ここは犬のおふろ屋さん「あぱらぎ」周りに犬が一杯いるのに平気でカウンターで寝ちゃうラムちゃん

結構神経質だったのに、歳をとってからは何でも平気なおばーちゃん猫になっていった。
家猫なので、一切外には出たがらなかったけど、
通院の時にちょっとカフェに寄ったりして、外の世界も見せてあげようと連れ出していた。

rum10.jpg

外の世界は新鮮なようで、目をキラキラさせてたね。

あっという間に、ラムちゃんは今年2011年に20歳を迎える。

その矢先だった。
この1月色々諸事情があり、私は怒濤の中に引っ越しをする事になった。
引っ越し最中は友人にラムを預け、引っ越し後に引き取り、
モリモリ食べる食欲と、にゃーにゃーと鳴く鳴き声でうるさいな~と思う程だった。
もうおばあちゃんだからきっとボケてきちゃったようで。
引っ越し後1週間が過ぎた時、突然ご飯を一切口にしなくなった。
昨日まであんなに飯くれと鳴いてたのに・・・
明日は食べる、明日は食べると3日が経過した。
4日目の朝、普段飛び乗れるちょっとした高さでさえも、足がプルプルしてる。
食べてないから力がないようで。
すぐに病院に連れて行く事に。そのまま入院。
末期の腎不全で、脱水がひどく、改善出来るか分からない状況だった。
でも、突然食べなくなったなら、突然食べ出すかもしれないと先生の言葉。
年齢的な事、腎不全をずっと煩っていた事。それも考慮し、やれるだけの処置をする事になった。
2日入院をし、点滴を続けたが、飲まず食わずで見た目はひどくなるばかりだった。

そして昨日の朝お家に帰ってきた。
息も絶え絶えだが、必死で生きようとしてるのは伝わってくる。
私の膝に乗せると落ち着くラム。
夜も一緒に添い寝をし、たまにお水をお口に含ませてた。
朝になり、今日も皮下点滴をしにいく事になっていた。
でも何となく・・・点滴なんてもう必要ないんじゃないかって思ってた。
少しでも嫌な事をさせない方が良いんじゃないかって。
でも一応連れて行った。
車から降りると同時に既に脳に影響が出てるようで、激しい痙攣。
そして病院の診察台の上で点滴をしてる最中に呼吸が止まってしまった。

すごく頑張ってた。ラムちゃん本当に頑張ってた。

一つ良い事はあった。
猫は死に目を見せないと言われている。
友人や知り合いがガンの猫を看取ろうとして付き添った時、
友人はちょっと居眠りをしてしまったそうで、その瞬間に亡くなった。
知り合いは、夕飯の支度をと少し側を離れ戻ってきたら、お腹が動いてなかったと。
猫ってそういう生き物なんだな。
でも私は最後の最後まで看取る事が出来た。しかも私の腕の中で。

その時思わず出た言葉「ラムちゃんごめんね」だった。
ずっと、私と一緒では、ラムは幸せじゃなかっただろうなって思って来た。
ラムに1度も声をかけなかった日があったかもしれない位、ラムは空気のような存在になっていた。
でも夜ジャイ子が寝静まると、そっと寄って来て腕枕してと催促するラムおばあちゃんが愛おしくてしょうがなかった。
そう思い始めてから今日まであっという間だった。

rum11.jpg

享年19歳5ヵ月。私の人生の半分以上を一緒に生きてくれたラムちゃん。
人生の一番激動期を絶えて一緒に居てくれたラムちゃん。
この先20年なんて考えてもとても想像の付かない程に長い年月だ。
本当に本当に長い間ありがとう。

ブログはずっとrumjyaizと言いながら、ジャイ子の事ばかりだったから、
今日はラムの事だけをいっぱい書かせてもらいました。
密かにラムちゃんをいつも応援してくれてたみんなもありがとね!

泣き虫な私の涙はいつ枯れるのかしら?な状態ですが、
これからもラムちゃんに見守られながらジャイ子とレディースコンビ頑張ります!

rum09.jpg
昨日ラムちゃんが家に帰って来た直後、ジャイ子はラムの側を離れなかった。



スポンサーサイト
14:19 | ラム
comment(18)     trackback(0)

 夜更けの秘密時間

今日はラムちゃんのお話です。

ジャイ子が来る前は、猫のくせして夜はしっかり爆睡してくれていたのです。
でも、嫌いなジャイ子を避けるため、本来の夜行性動物の本能が開花されたのか、
昼間は居場所を度々確認する程、姿をほとんど見せないラムさん。
そうなると夜の行動は活発になる訳なんですよ。

一時は、私が夜寝ると、頭や顔を爪や前足でガシガシして起こす事が頻繁になって、
昼間はジャイ子の世話、夜はラムの相手で長い睡眠が取れなかったのも事実です。
でもね、ラムちゃんずっとお母さんを独り占めしてたんだもんね。
夢はラムとジャイ子が仲良くいつでも添い寝してくれる事・・・叶う時がくるのかな。

久しぶりのラムさん主演ですよ~お待たせ~~
なかなか昼間現れないから写真が撮れないんですよね~

でも私的にはあんまり待ってないというか、なんと言うか・・・汗

やっぱり夜な夜な私に主張を繰り返すラムさんの毎日の様子です。

080905rum1.jpg

家で仕事をする私は、昼間はもちろん夜も遅くまで必死でPCに向かう事はしばしば。
でも夜になると、必ずこうやってキーボードの前を陣取り寝だすイケズっぷり。

080905rum2.jpg
(机上の乱雑さは突っ込まないで)

左腕はいつでも枕。
かろうじて右利きの私はマウス操作には支障ありません・・・
でも左手だって動くでしょ?
そうすると明らかに迷惑そうに「ん・・・もうっ・・・」って睨まれます。

080905rum3.jpg

はいはい、ごめんなさいね。

という具合です。そして今現在はまだラムの登場時間前ギリギリタイム!
今のうちにアップよ~~~あなたの事よ~~!

ラムちゃん17歳。 腎不全で療養生活を続けるおばあちゃん。
ラムと過ごした長い時間は、ジャイ子との時間に比べたら、
それはもう比べられないくらいの思いがあります。
先住猫としてのプライドだけは傷つけたくないので、
ジャイ子が少しでもラムを脅かしたりしたら、しっかり叱ってきました。
ジャイ子も遊びたいだけでしょうけどね。
最初にジャイ子をひどく拒否し、嘔吐などするし体に関わるからって、
里親としてのお試し期間、ジャイ子を諦めようかとも思う程だったので、
その時から帰ったらすぐにラムに挨拶など、いつでも優先する事を心がけてきました。
もちろんジャイ子も、我が子として同じ愛情を持っている事は変わりないけど、
10代から一緒のラムとの思い出は深すぎて、思い出すだけで泣けて来ちゃう。
今はジャイ子もきちんと理解しています。とても優しく見守ってます。
ラムもジャイ子がいる生活に慣れて、一人をそれなりに楽しんでるようにも見えます。
でもやっぱり甘えん坊のラム。
ジャイ子の寝た後は自分の時間だって思ってるみたい。

ジャイ子のお陰で良い刺激を受けて、
とてもエネルギッシュでご飯もモリモリ食べるし、とても元気です。
こりゃ20歳は夢じゃないよ~~

ジャイ子共々ラムちゃんの事も宜しくお願いしま~す!
おっと起きて来ちゃったよ!

080905rum4.jpg

こんな時間のジャイ子は夢の中・・・


ラムのお話だけど、ぽちっとね!

ランキング参加中~ ジャイ子からのおねがい
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
23:40 | ラム
comment(8)     trackback(0)

 我が家のもう一人のヒロインと名わき役?

0802265.jpg
おいっあいつ大丈夫か・・・?カート怖がってるぜ by魚

ジャイ子ファンの皆さま!
我が家のお魚さんの話しでもいかがですか?
お魚達もいるって言うのは以前にもお話しておりますが、
ぶっちゃけ魚は犬や猫より飼育難しく(すぐ病気になったりするって意味で)
なかなか長生きしてくれないんですよね・・・悲しい事に。
でも全滅が今までないもので、何とか水槽を片づける事なく保っております。

家で初めて産まれた赤ちゃんもその後すくすくと成長しています!
ただ残念ながらお母さんは一匹だけを産み落として、亡くなりました。
その後を追うように、家の魚で一番長寿のコリドラスって奴も・・・
ただその後どんどん成長する赤ちゃん魚に勇気づけられ、
新入りを迎えようと、先日ジャイ子と一緒に見に行きました。
そして今は総勢5匹です!

0802268.jpg

見にくいですが全員集合~です!右の赤いのが赤ちゃんだった子です。
新入りは赤ちゃんの下の黄色の奴と左下にいる子です。

後から入れた流木は近くの海で拾って来たもの。
でも水槽に入れるまでまずは煮沸あく抜きし、
その後出来れば1ヶ月は真水で水換えしながら完全にあくを抜くんですよ。
そうしないとすぐに水が濁って、水質を悪くしてしまうそうです。
でも入れると木から何か出るのか、お魚さんには良いのだとか。

お魚にご飯をあげる時や、水槽のこけ掃除など地味ですが結構楽しいんですよ!
あなたのお家にもプチアクアリウムを~

0802262.jpg
食べたいの・・・?

ちなみにラムが魚をいじめる事はありませんよ・・・

0802263.jpg

これはまだ庭が出来上がってない時ですが、
ジャイ子は陽気が良いとこうやって外で寝出すんですね

0802266.jpg

そんな時玄関を開けて撮影してたので、ラムが外に出て来ちゃったんです。
で、陽当たりの良いコンクリートんとこで背中をずりずりして気持ち良さそうに・・・
普段家猫のラムは外は恐いので出る事も出たがる事もありませんが、
「ラムもこんな日は外に出たいよねぇ~」ってほのぼの見ながら撮影してたら、
突然スタスタと壊れた隙間から家の軒下に入っちゃったんです!!
これ結構大事件なの・・・
古い家の軒下は広くてどこまで続いており、探検し始め呼んでも無視してどんどんと奥へ

あぁ~困ったなぁ・・・と焦りつつスルメ持って来て吊ってみたり、
ご飯の器もって来たりと散々してみたが何もかもダメ。
諦めて黙って待つことにし、かれこれ1時間後、
ひょこっと顔を出したので、完全に身体が出るまで黙って我慢。
抑えられる位出た所で捕まえたら、体中真っ黒けでした・・・おい・・・

猫は犬と違って呼べば飛んで来るような事しないし、自分の気分で行動で、
捕まるとなれば変に警戒するからこういう事態になると本当に困りますよ。

でも犬の脱走より猫の脱走の方が遥かに発見率が高いんですって。

今日はジャイ子も登場でしたが、ジャイ子以外の家族のお話でした・・・


それでもジャイ子からのお願いよ~~
ランキング参加中~ ジャイ子からのおねがい
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
00:13 | ラム
comment(8)     trackback(0)

 ラムday

1014rum5.jpg


1014rum1.jpg
「何おかーさん?え?今から病院なの?やだなぁ~」

昨日はラムを病院に検診に連れて行った。
ジャイ子は散歩のついで的に連れて行けるから良いんだけど、
ラムは外に出るのが嫌でかごやらに入るのが最も嫌!!な子だった。
だから病院に行くのは、大騒動になるはずなのに・・・

何故か最近、歳を取ったせいなのか、変に物怖じしなくなり、
ビャービャー鳴くけど、全く怯えない。
すんなりかごに入ってくれて、病院へ!

診察も上手にして、抱っこしたままお薬待ってたら、
ジャイ子の倍もあるでかいワイマラナーがやって来ても、ふ~んって顔して見てる。
普通びっくりして、飛び出しちゃうんだけどなぁ。
病院のカウンターの上に下ろすと、そのまま寛ぎ始めて落ち着いちゃう。

1014rum4.jpg
膝に乗って、ドライブ~。でも何となく不安げ・・・

帰りの車はもっと慣れて楽しそうに車に乗ってくれるから、
ついつい遠回りしてドライブしてみた。

10014rum2.jpg
ウフッ楽しい~ ペロッ

思わず・・・「久しぶりに二人っきりになれたね・・・」
なんて何度もつぶやいたりしちゃって。
ギューギュー抱きしめ過ぎて、嫌がってたけど。

1014rum3.jpg
身を乗り出して観察中・・・

そんな朝のジャイ子の散歩で以前、海友達ラブラドールのベルちゃんのお父さんが、
ジャイ子の写真を撮ってくれてて、プリントまでしてくれたの。
超~~~ジャイ子可愛い・・・これおやつ待ってる顔だけどね(笑)
隣のラムのイラストはタイ、バンコクのカオサンで、仲良くなった美大生に
書いてもらったんだ。これも贈り物。
1014jya4.jpg


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ランキング参加中~ 良かったらポチっと押してって!

08:36 | ラム
comment(0)     trackback(0)

 事件~~!



今朝日記を書いたりしてると、ふとラムの事が気になった。

『あれ?いつもの場所にいない・・・』気になって家中を探し出す。
よりに寄って、玄関の窓を少しだけ開けていたのだ!ラムが脱走した~~~!!

狂ったように(不適切でしょうか)ラム~ラム~と呼び続けていると、
当然近所の人達がどうしたんだ?と出て来た。
家族まで呼び出し一緒に探し続けてくれる。ありがたい・・・1時間しても何周家の周りを探しても、声すら聞こえない。
泊まりに来てた友人Sも心配してずっと探してくれた。
今頃どこかで縮こまっているのかもしれない・・・
家に戻り、急いでチラシを作った。さすがに早い。
こんな時に、本業が役に立つのも皮肉に感じる。
当然mixiの湘南コミュニティを使って、呼びかけてみた。
これに掲載すると迷い犬とか100%位見つかってるの。恐るべしmixi。

そこら中に貼り紙をしてたら、近所のおねえさんが
「家出猫の探し方」という本を貸してくれた。
『え?家出・・・泣』
わらをもつかむ気持ちで熟読し始める。

Sが出前を取ってくれ、とりあえずご飯を食べ、
また探しに出て、休んで、また探しに・・・と夕方まで繰り返した。

Sがそろそろ出発の時間になり、送って行く準備を始める。
「ラムちゃん見つかったら、すぐに知らせてね」
「うん、もちろん」
『ゴソ・・・』
ラムが突然現れた!!!一瞬幻覚かとも思う程びっくり!!
私達の話し声に『私ここに居るんですけど』
と言わんばかりの登場の仕方で、登場したかと思ったら、
またずっと居たと思われる押入れの所へ戻ってく。
そして今になって、ニャーニャーと・・・
プチパニックを起して、Sと顔を見合わせ声が出ない。
5分もした頃か、急に笑いがこみ上げてきて涙もこみ上げてきて、
竹中直人ばりに笑いながらワーワー泣き、本当に安心した瞬間だった。

ご近所へ恥ずかしながらの報告へ。
みんな大笑い・・・私も笑うしかない。
必死でこさえたチラシを剥がしに。なんと20枚も貼っていた。
どこに貼ったっけ・・・まだどこかに剥がし漏れがありそ。
携帯番号書いてあるんですけど~

はぁ、ラムがいなくなった6時間。
長くて辛くて本当に疲れちゃった。
こんな想いをする位、最高に愛してます・・・実感。。。
こんな時ジャイ子は役立たずだったけど、
私の側を離れず居てくれました。あ、いつもの事か・・・(爆)
一軒屋になって、恐れていた事だったので今後の教訓になったかな。

上の写真はず~っと居たと思われる押入れん中のケースの上。
一旦出て来てまた入って行ったラム。良い所見つけたのね・・・


貼り紙に使った1枚
13:37 | ラム
comment(0)     trackback(0)

 初めまして

肉球

我が家には雑種猫のラム16歳と、
今年7月に新入りしたジャイ子推定2歳と
(2~3歳だって言うから若い方で!)
雑種的人間のTomoのレディーストリオが織りなす
日々の日記を書いて行こうと思いました。

常にmixiでは日記をアップしてますが、
マイミクさん限定にしてるので、
こちらはラム&ジャイ子を中心に書いて行きます。

以前のmixi日記の過去の物もアップ!
現在07/9/4ですが、時間設定を変更して過去の物もアップします。

初めてのご挨拶はラムの肉級をご鑑賞下さい・・・


11:26 | ラム
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。