スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 Tomoコラム「まじめな話」

今日は避妊&去勢手術についてまじめなお話をさせて下さい。

飼い犬や飼い猫に手術をしない理由は様々だと思います。

・病気じゃないのに手術なんてかわいそう

・赤ちゃんを産ませたいからさせない

・自然が一番良いから

・実は避妊や&去勢手術は恐ろしい事なんだ
(具体的には分らないけど、生物学的にそう言う人もいるでしょう)

等等・・・

どれも間違った事ではなく、むしろ愛情あってのご判断だと思えます。
なので、逆に考える人もいるんだと言う事を知って欲しいと思って書く事にしました。


これから書いていく事は、あくまでも私個人の意見であり、
未避妊&未去勢の飼い主さんへ強制を促すものでは一切ありません。
予めご理解頂けると幸いです。

今日本に家族がおらずに彷徨うワンニャンが一体何頭居るか知ってます?
私も正確には知り得ませんが、何十万頭という数の子達がいるそうです。
その子達は、動物愛護センター等と名前を変えた、言わば保健所で、
数が多いために、安楽死ではない方法でまとめて処分されています。
その処分を順番待ちし、その中で心ある方々が必死な思いで救っても、
年間にすれば恐らく数百頭が良い所の全く減る事のない現状なのです。
センターに持ち込まれているワンニャンだけでなく、
十分な面倒がみれず、虐待まがいな飼育になっていたり、
産まれた子犬を町中に捨てる信じられない事も沢山ある訳ですよね。

人間の力がないと生きていけない世の中に、まさに人間がしておいて、
その人間が支えられない数がじゃんじゃん産まれている現状なのです。

もし7匹子犬が産まれたとすれば、大体7世帯がその子達の面倒を見る事になるでしょう。
許可がなければ生体を売る事は出来ません。
我が子が間違って妊娠させられても、出産を希望して産まれた場合でも、
責任を持って産まれた全員の一生を見てあげられますか?
さすがに一般的なご家庭で7頭は難しいでしょう。
子犬達の命の責任を、別の人達に託す形になってしまうと思うのです。
その後のその子の人生は、もう自分の範疇ではなくなるのです。
実は心配ですよね・・・
ではそんなに沢山の子を、差し上げる知り合いや友人が周りにいるでしょうか。
また貰われて行った子がまた出産したら・・・
もしかしてどこかで不幸な道を歩む子が出てしまうかもしれないんです。

結局人間が産ませた後どうなるか・・・数から言えば大半が処分されてる現状なんです。
多く産まれたら処分すれば良いのでしょうか・・・?それは絶対に違います。
それなら産まなければ良いと言うのが、単純な解消法だと考えているのです。
我が家の魚が産まれた事でさえ慌ててしまいます。
そして魚であっても、産まれた魚に当然責任があると考えます。


犬種、血統が良ければ貰い手はあるかもしれません。
でも身勝手で残酷な人間達は、ジャイ子のようなブルドッグだろうと捨てるんです。
知識なく素人が無理な交配をさせた結果、遺伝的な病気が蔓延し、
昔なかった病気も発生しているのも事実です。
交配は本来とても難しい事なのに。
知り合いの1歳に満たないワン子も、先日遺伝的な可能性のある病気で亡くなりました。
ジャイ子も実は遺伝の疾患を一つもっています。だから捨てられたのかもしれません。
もし誰も貰い手がないような子が産まれたらどうするのでしょうか。

病気を持った子より、健康な子が絶対に良いでしょう。
ブサイクよりかわいい子の方が良いでしょう。
柄や色も理想通りの子を探すでしょう。
では漏れた子達は・・・?

数が増えれば選択権が広がり、選ばれた子以外の行方を思うと辛過ぎます。
犬や猫は大量生産されていながらも、価値や品質を求められる物扱いの現実。
非情に悲しい事で、不条理な事が起こっているのです。

そんな現状どう思われますでしょうか・・・?


避妊&去勢をした時のメリットは他にもあると思います。

女の子であれば、自分の可愛い娘を守るために、女は受身なので、
妊娠を望まないのであれば飼い主さんが守ってあげなければならないと思います。
その他はヒートや猫なら盛りなどで寿命を短くする程ストレスになる事もあります。
高齢になってから起きる可能性のある病気の予防としても是非考えてあげて欲しい思います。

男の子であれば、何よりも攻撃性の軽減になるでしょう。
早めの手術で、座りしっこなどトイレの躾がうまく出来ると言われています。
未避妊の女の子へアタックし、望まれない妊娠をさけるためです。
男の子も将来高齢犬になったとき防げる病気が沢山あるのです。

ジャイ子は保険に加入してますが、避妊している事で特定の病気になる心配がないので、
割引も適用されます。ちなみにマイクロチップ割引もあるんです。

手術の麻酔が恐いと言う事も聞きます。
昔とは違い今はその処置も進化しているようです。
私の実家で代々いるワン子やニャン子の♂♀問わず、
みんな手術をしているのであまり抵抗はありませんでしたが、
ラムは一度麻酔に耐えられないかもと言われた事で、暫く手術をためらっていました。
家猫なので殆ど妊娠の心配はありませんが、盛り時のストレスはかわいそうだと、
新しい病院を尋ね相談し、その先生は色々親身になって下さいました。
甘えん坊のラムは1泊入院が不安でしたので、日帰りにしてもらいました。
それでも私は一度言われた記憶が残り、心配で仕方がありませんでした。
そしていざ手術をしてみたら、子宮が肥大し病気になっていたんです!
先生が本当にラッキーでしたねって。
あのままでしたらラムは8歳位の若さで死んでいたかもしれません。
今や17歳になりますが、腎不全でありながらも毎日元気に暮らしています。
心配でただ考えているより、相談し解消しようと行動する事で得られる物があると感じました。

ジャイ子を迎えた事で、悲惨な現状を目にする機会が意識的に増えたように思います。
ポチたま会のコラム「ポチたま事件簿」でも、信じられない惨劇を目にするのです。
勇気がなければ読まない方が良いです。

自分も含めてだと思っていますが、人間は残念ながら身勝手です・・・

世の中の非力なワンニャン達の一頭でも幸せな人生であって欲しいと願っています。
そうあるべきであって、人間がそれを邪魔したりする権限などないはずなのに・・・と。

各動物保護団体では、里子へ出す条件の中で統一しているのは避妊&去勢の必須義務です。
詐欺の防止、そしてまた悲劇を繰り返さないための大切な処置なのです。
ですが私個人が、未避妊&未去勢を無責任に反対はしません。
でももし必要性を感じたら、してみる事も考えてみる機会になれば良いなと思います。


ランキング参加中~ ジャイ子からのおねがい
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ

スポンサーサイト
17:51 | ラムジャイズ
comment(9)     trackback(0)
comments
確かに!!
私はバットを飼うまでは、虚勢って可愛そうなんじゃないかと思っていたんですが、今は虚勢して良かったと思います。きっかけは足の手術をするのに麻酔をするなら一度に済ませたいと思って一緒に虚勢もしたんです。股関節脱臼だったので、遺伝したらかわいそうだし、去勢したほうがストレスも減ると聞いたので思い切ってやりました。バットは男の子で体重もあるから、女の子に怪我でもさせたら大変だし、手術のときはものすごく不安だったけど、今となっては去勢したことによって、これからの心配がグッと減ったと思います。
2008/03/04 23:25 | | edit posted by ロミロミ
興味深く
読ませて頂きました。
うんうん、とうなずくことばかり。Tomoさんが言いたいこと言ってくれた感じ。
去勢するのは当たり前と思っていましたし、ナックの場合停留睾丸だったということもあり、麻酔のリスクは知りながらも
8ヶ月のときに手術しました。
去勢によって性格が変わったかどうかはわかりませんが、
将来かかるかもしれない病気がひとつでも減らせるのなら、それだけでもやる価値があると思っています。
イギリスなどでは、繁殖のプロ以外は去勢・避妊が義務なんですよね。
日本ももうちょっと真剣に考えるべき問題なんじゃないのかなぁとおもいます。
2008/03/05 20:50 | | edit posted by けしまる
初めまして ゴー☆ママと申します。
2歳のブルドッグを飼っています。
うちも虚勢しました。
するまでとても考えました。
麻酔も怖かったし、信頼できる病院も探しましたし
でもやって良かったです。
1つしか睾丸が降りてなかったんです。
残りの一つが中で癒着してました。
早くしてほんとうに良かったです。
しない方が良いと思われる方もいらっしゃると思います。
最後は飼い主の判断ですので、一番良い方法をしっかりと考えて欲しいと思います。
堅苦しくてスミマセン…
2008/03/06 12:33 | | edit posted by ゴー☆ママ
ロミロミ様
コメントのしずらい話題にまっ先ありがとうございます!!

そう、皆さん可愛そうっておっしゃる方が多いですよね。
ワンコにとっては、その1日が大仕事ですし負担になりますもんね。
ジャイ子は女の子なので、よく未去勢の男の子にマウントされています。
彼女って強いんで大体「ガウ」で終っちゃうけど、
万が一避妊してなかったらと思うと、恐いなぁって思うんです。
飼い主同士がおしゃべりしてる間のほんの一瞬で、上に乗られてる事もしばしば。
やはり受け身なので守ってあげるべきかなぁって思います。
2008/03/06 15:15 | | edit posted by Tomo
ゴー☆ママ様
初めまして!ご訪問ありがとうございます。
何度か覗かせて頂いておりました。改めて~
ゴー☆君(星は必須ですか?つのだ☆ひろみたく・・・)
めちゃ可愛いですね!
我が子ももちろん可愛いんですが、余所のブルちゃんみんな愛おしいです。
ジャイ子もイチゴ好きです~~

ブルは麻酔に注意しなければならないのもネックですよね。
でもいつか老いて病気になった時麻酔をして手術するなら、
まだ若い時にその根源を取ってあげた方がリスクは少ないと思いますね。

板橋の子達他、本当にこういう事が多いのが現状です。
私達がすぐに出来る事は、そういう子を増やさない事だと思います。
2008/03/06 15:33 | | edit posted by Tomo
けしまる様
(タイトルに名前を入れ忘れちゃったのでもう一回!順番変わってすみませ~ん)
私も当たり前派なので、しない方のご意見は反対に興味深いのです。
別に否定する訳ではなく、そういう意見もあるよね・・・確かにって。
なので、そのまた逆の意見を聞いてもらったら、
両側面から判断出来るよなって思いました。

男の子は特に早いうちが効果的なのは間違いないようですね。
中型犬~大型犬は躾も8ヶ月を越えてからの方が効果的だとの事。
成長が遅いので、ナック君は良い時期にしたのかもしれませんね。

ペットと言うのも嫌ですが、ペット事情には本当に疎く遅い日本・・・
動物愛護センターって言う所で処分されてるんですから・・・
2008/03/07 07:16 | | edit posted by Tomo
最善の方法を…
こんにちは。
すずりは保護団体さんとのお約束で生後6ヶ月で避妊手術をうけました。
手術前は獣医さんに「うざい!」って思われる?ほど色々聞きましたが、
聞いたからこそ潔くお願いできたんだと思います。
その後未避妊♀ワン飼い主さんから、偽妊娠の際のストレスとか、
高齢になってからの子宮蓄膿症で命を落としかけたとか、乳腺腫瘍とか…
身近な所だけでも複数の病気体験談を聞きました。
皆さん繁殖目的ではないけど、犬種による麻酔のリスクや「手術は可愛そう」という
親心で迷っているうちに病気になってしまったようで、
「若いうちに手を打っておけばよかった」と口を揃えて話していました。

繁殖目的の未避妊は「一回だけ出産させて…」とか
「出産すると丈夫になるし性格がよくなる」とかよく聞く話です、でも…

いい話の裏には悪い話が必ずあると思います。
たった一回のはずの出産で死亡、死産、遺伝疾患、性格への悪影響。
交配の際には、♀犬の飼い主はあまりの惨さに見ていられなかったという体験談もあります。
都合のいい成功例だけを信じないで失敗談も見て欲しいと思います。
加えて、年間何万頭もの犬猫が苦しみながら殺処分されている事実も…。

当然去勢・避妊手術にもメリット&デメリットがあるでしょう。
麻酔のリスクや医療ミス…。飼い主が調べたり獣医さんに質問するなりして、
将来的にも最善と思う方法を選んでほしいです。

私はメリット&デメリットを天秤にかけても手術してよかったと思っています。
ヒートがないからワン連れ旅行にも行きやすいです(笑

あとで別便でメールしておきまーす!
2008/03/07 14:04 | | edit posted by ぶんちん
ペットブログランキングへのご登録のお願い
こんにちは。
Pet-Webというペット専門クチコミ情報サイトの運営局です。
今回ご連絡させて頂きましたのは、2月よりベータ版をリリースした『Pet-Web』へ新たにブログランキングを開設致しました。
つきましては、是非あなた様のブログをご登録して頂き、他の皆様との情報交換や情報共有にお役立ていただければと思い、ご連絡させて頂きました。
http://www.pet-web.jp
からサイトにて会員登録して頂きプロフィールよりブログURLをご入力いただければ、簡単にランキングへ参加できます。
また、あなた様のブログに専用バナーを貼り付ける事で、あなた様のブログからのアクセスをカウントし更にランキングを上げることもできます。
その他にも、ペット施設検索機能や、施設へのクチコミ情報の投稿や閲覧、マイマップ機能、アルバム機能など、皆様が楽しめる機能も満載です!
きっとあなた様のブログのアクセス数アップや、あなた様とペットの生活を更に素敵なものにするお役立てができると考えております。
是非一度遊びに来ていただければ幸いです。

■ サービス名:Pet-Web(ペットウェブ)
■ URL  :http://www.pet-web.jp
■ 登録料  :無料
■ 利用料  :無料

長文になりまして、誠に申し訳ございません。
よろしくお願い致します。
2008/03/07 17:51 | | edit posted by ペット専門クチコミ情報サイトの運営局
ぶんちん様
男の子の方が盛りやマーキングなど目に見える部分が多いので、
早々に手術をする方が多いですが、本当は女の子の方が、
妊娠のリスクと子宮関係の色んな病気もなりやすいので、
早く考えてあげたいと思いますね。
ヒートも想像妊娠もストレスでしょうし。
ジャイ子は恐らく出産経験があり、避妊も遅かったからか、
気のせいかもしれないけど、どこか子犬への執着みたいな物が見られます。
気が強いのも何かを守るためだったりするのかなぁって。
どこかにジャイ子の子供が居るのなら、
見てみたくてしょうがないのは確かですね・・・可愛いだろうな。
でもやはり無闇に増やすべきではないと私は思うし、
病気しやすい犬種だけに、少しの負の根源を取り除く事で安心ですもんね。

ラムの事があったので、余計にその心配がなくなる事は大きなメリットだと私も感じます。

2008/03/07 19:52 | | edit posted by Tomo
comment posting














 

trackback URL
http://torujya.blog118.fc2.com/tb.php/93-579c1571
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。